保育所のこだわり

炒り卵の匠

2022年11月11日 金曜日

 

 

なんだか怪しげなタイトルでごめんなさい。

でも我が給食チームにはこのタイトルのとおり「炒り卵の匠」と呼ぶにふさわしい職人がいます。

 

給食のメニューで炒り卵が使われているのは(三色丼)や(ビビンバ)などですが

炒り卵って簡単そうで実はなかなか難しい!

色が悪かったり、大きさにバラつきがあったり、、

特に保育所では炒り卵も大量、何十個もの卵を使って大鍋で作ります。

 

これがまたかなりの体力勝負、低温で優しく力強く微妙なさじ加減。しかも暑い。

せっかちな私には個人的にはちょっと苦手。

 

そんな中、昨年入ってきたAさんに初めて炒り卵の担当が回ってきました。

仕上がった炒り卵を見た時のその衝撃たるや、まさに

なんということでしょう!

 

作った本人でもないのに、みんなに自慢の嵐「見て見てーきれい、すごーい」

 

ぜひこれはブログで紹介せねばと~

前置き長くてすいません、ぜひAさんの炒り卵の全貌をご覧ください! 

 

 

 

 

 

 

 

低温で優しく優しく混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

鍋のフチから少しずつ固まります、焦がさないように手早く。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

このあたりからはスピード勝負、焦がさないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

混ぜ続けて30分弱、色も鮮やか!

 

 

 

 

 

 

 

 

バットで冷まして完成です。

カメラマンの腕がヘタすぎて、本来の美しさがいまいち伝わりにくいのですが

均等で美しい炒り卵の完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビビンバ丼の出来上がり、いただきまーす。

 

  • Aさんからコツを盗み、いつか炒り卵を極めることを目標にがんばります(心の声)

 

西光寺保育所のこだわり