理念ブログ

お涅槃(ねはん)

2014年2月17日 月曜日

2月15日はお釈迦さまの亡くなられた日、お涅槃です。

お釈迦さまは今から2500年以上前に、80歳で亡くなられました。

涅槃図、お釈迦さまが亡くなられたときを描いた絵があります。木の下にお釈迦さまが寝ておられます。

この木の名前を知っていますか。

「サーラ」

そう、サーラです。沙羅双樹といいます。

さあら組の名前はこの木の名前からとりました。

 

お釈迦さまの周りを、お弟子さんたち、鳥やけもの、いろいろな動物が取り囲んでいます。

みんな悲しそうです。

お弟子さんが言いました。

「お釈迦さま、どうか死なないでください。私たちはこれから誰を頼りにしたらいいのですか。困ります。」

お釈迦さまは言いました。

「命あるものは必ずその命が亡くなる時が来る。」と。

人間だけではない。みんなの家にいる犬や猫、飼っている金魚や小鳥だって死んでしまうだろ。

形あるものはその形がなくなるときがくる。

机やイスだって壊れるでしょう。お家だって壊れる。

壊れるものだから大事にしなければならない。

いつか死ぬ命だから、大切にしなければならない。

 

そしてお釈迦さまは言いました。

「私が亡くなったあとは、自灯明・法灯明。あの子がしているから、あの人が言ったからというのではなく、自分で考えてください。

その根底、基本、底には、仏さまの教えをおいてください。」と。

 

これからもすべての命を大切にし、仏さまの教えを守って毎日過ごしてください。

合掌