理念ブログ

半眼(はんがん)

2013年9月10日 火曜日

み仏さまの目をよく見てください。

半分閉じています。これを半眼はんがんといいます。

 

これにはわけがあります。

半分開いた目で外の世界を、閉じた目で内(心の中)の世界を見ているのです。

 

物事を「目を開いてよーく見なさい」といいます。

よく見なければ事故を起こしたり、他人に迷惑をかけることにもなります。

一方で、反省させられるときなどには「目を閉じてよーく考えなさい」といいます。

 

外側(苦しみ悩んでいる人を見ていて下さる)を見る目、そして内側(助けるためにはどうすればいいのかを考える)を見る目が仏さまなの半眼なのです。