保育所のこだわり

可愛いくまちゃん

2013年7月30日 火曜日

事務室にあったクマの人形が気に入ったAちゃん、少しの間貸してもらえたので、保育室まで一緒につれて帰ってきました。

保育室では歩く時も座るときもずっとクマの人形を抱っこしていたAちゃん、壁面のいちごを食べさせたりボールをクマの顔の前で振ってみたりとお世話遊びを楽しんでいました。

小さい子どもたちにはアニミズムといって、石やタンス、人形などすべての物に命があり、動いたりお話したりすると信じる時期があるそうです。

本当かどうかはわかりませんが、本当ならば、子どもたちが見ている世界はとってもおもしろい世界なんじゃないかなと思います。

Aちゃんもこのくまの人形が本当に生きてると思いまるで新しい兄弟が出来たような気持ちで接していたのなら、それはとてもすてきなことだなと思いました。

子どもたちの生きる、子どもたちの世界をこれからも大切に保育していきたいです。

乳児クラス担当