保育所のこだわり

こんな玩具で遊んでいるよ♪  

2021年1月18日 月曜日

ひよこ組スタートの時は、容器から容器に入れたり出したりすることを楽しんでいた子ども達も、今では型はめパズルやひも通しなど細かいものを入れたり出したりする遊びを好んでするようになりました。

 

最初に出したのは、左側にある型はめです。板に絵が付いているので、どこにはめるのかが分かりやすい型はめです。

右側の型はめは、板に絵が付いていないので少し難しい型はめです。同じ形を探しながら、どこにはめるのかを探しながら遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

様子を見ながら紙の型はめパズルも出しています。

台紙に絵はなく、ピースも多いので難しいですが、子どもたちの記憶力は凄まじく割とすぐにどこに何がはまるのか覚えています。

木の型はめとは違って、取っ手はなく、薄いので扱い方も知らせています。

 

 

 

自分で考えながらしています。

出来た時は「やったー!!!」と喜んでいました♪

 

 

 

 

このように子どもたちの様子を見ながら、玩具の見直しをしています。難しいのができるようになったからといって、簡単な物を片付けてしまうのではなく、一人ひとり発達は違うので、それぞれが自分たちに合った玩具で遊べるように簡単な物から少し難しいものまでを用意して出すようにしています。

 

 

乳児クラス保育者