保育所のこだわり

秋のおいしい旬のもの    

2020年10月5日 月曜日

保育所での給食ではその時期の旬のものを取り入れながら献立作りをしています。

栄養のバランスや彩り、子どもの食べやすさや味付けなど様々なことを考慮し、

改善しながら次の献立作りにつなげています。

特に旬の野菜や果物を積極的に取り入れています。

毎日はとても無理なので栄養バランスを考えて取り入れています。

 

 

今回は、スーパーでの買い物でよくみかける旬のものを書こうと思います。

スーパーでは旬がわからないほど多くの食材がありますね。

その中で、秋が旬のものの紹介します。

 

★きのこ類

 しいたけ・しめじ・なめこ・まいたけなどお馴染みの種類や高級なまつたけなど、

秋は多くのきのこが旬を迎えます。

きのこは香りが強く、調理法によっていろいろな食感が楽しめます。お鍋などににいいですね!!

 

★れんこん

 ハスの地下茎ですが、根に見えることから「蓮根(れんこん)」と呼ばれるようになりました。

収穫が始まるのは秋口からで、正月料理で需要が高まる12月ごろ最盛期をむかえます。

秋口のれんこんはやわらかく、晩秋からは粘りが増します。

食物繊維が豊富でビタミンCも豊富です。疲労回復や風邪予防があるとされています。

 おすすめ料理は「きんぴられんこん」です。

れんこんは油とも相性がいいので、薄切りにして、サッと炒めてできるきんぴらがおいしいですね!ごま油をおすすめします!

 

★柿

 様々な品種がある柿ですが、日本でもっとも多く作られているのは「富有柿」といわれる甘柿です。

食べごろはシャキシャキですが、放っておくとどんどん柔らかくなっていきます。

購入するときは硬さに注意しましょう!  

塩分を排泄する役割のカリウムや、風邪予防に効果があるビタミンCが豊富です。

 

★カリフラワー

 カリフラワーは形が似ているブロッコリーと同じアブラナ科です。

一般的に白いものが知られていますが、最近はオレンジのものや紫のもの、

サンゴのようなロマネスコという品種も売られています。

くせがないので食べやすく、サラダはもちろんスープやシチューにもむいています。

あまり日持ちしないので、購入後はなるべく早めに使いましょう。

おすすめメニューは「カレー風味のサラダ」です。

カレー粉(ルーではない)があればですが、カリフラワーを茹でる時にカレー粉を少し入れて風味をつけます。

水切りしてあとはマヨネーズで和えるだけ。

カレー味で食欲もアップしますよ!!あつあつでも冷めてもおいしいです。

 

 

いっぱい食べておおきくな~れ!!

 

 

調理室