保育所のこだわり

たくましい桜     

2020年7月15日 水曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育て支援センターあしょかの部屋の前に大きな桜の木があります。

園に訪れる皆様を見守り続けて〇〇年。
春は満開の花、夏は木陰と共にセミのホテル、秋は風に舞う落ち葉、
冬はこもれびと鳥のとまり木。四季折々に楽しませてくれています。

その桜も年月と共に老木になり、同居人が増えてきました。

 

 

お寺の白壁のかわらにあったのか?
いつの間にやら、やってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員がちょっとひっかけた風蘭がこんなに立派になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の股の間からテッポウユリ?が芽ぶいて伸びていました。
種がちょっと一休みいたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土に近い所です。
雨水と土で木の表面が腐葉土化しています。
ふかふかで居心地がいいのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色とりどりのコケです。
グラデーションがきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると黄色いつぶつぶが・・・。
「コケノの花」と呼ばれていますが、胞子だそうです。
コケの花ことばは「母の愛」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の枝や幹は、あっちこっちが傷んできています。
老いてもなお力強く立ち続け、新しい仲間、次の世代に栄養を分け与え、
共存しています。

たくましい桜です。

帰りにちょっと、のぞいてみて下さいね。

 

 

 

 

その他職員