保育所のこだわり

学童の春 

2020年3月26日 木曜日

それは、いきなり来た!

コロナウイルスのニュースを見ながら、他人事のような気でいたが、現実として小中高、一斉休校になってしまいました。

これに伴い、学童保育は開所ということで、急きょ手紙を作り、準備もバタバタしながらの受け入れになってしまいました。

主に低学年と、どうしても困る子供さんということで、ご家庭の協力もしていただきながら3週間過ぎました。

 

卒業式も異例の在校生なしというさみしい事になってしまったけれど、これもいつかは、思い出に変わっていくんだろうなと、

卒業していく学童さんたちを思いながら「卒業おめでとう!」ランドセルを嬉しそうに見せてくれた笑顔が浮かんで、ちょっと

淋しい気持ちになったと同時に、もう中学生かと感慨深い。

長い子で12年の付き合いですから。

それに楽しみにしていたお別れ遠足も、中止となり残念です。

 

学童の子供たちには、今を楽しむ、暇なら暇を楽しむ、せっかくの自由な時間ができたのだから、それを楽しもう!と

伝えているけれど・・・はやく学校に行きたいよね、はやくコロナ落ちついてほしいものです。

 

おかあさんの手作り弁当、愛情いっぱい。ありがとうございます。

子供たちも、私たちも、コロナウイルスで

こんな状況になったことで、当たり前と思っていたことが、本当は当たり前でない事に、少しは気づけたらいいなと思います。

日々感謝しながら、気をつけながら、頑張っていきたいです。

 

学童担当