保育所のこだわり

お正月のおせち料理    

2020年1月6日 月曜日

このブログを書いているのは年の瀬です。

年末になると実家でのおせち料理作りを思い出します。

おばあちゃんが黒豆をストーブの上でコトコト煮たりお煮しめを順番に炊いていく匂い。

私たち孫は栗きんとんを作るのを任されていました。

懐かしいです。

 

おせち料理はもともと「御節供」といい季節の変わり目(節句)に神様にお供えした料理のことです。

それがしだいにいちばん重要な節句であるお正月の料理を指すようになりました。

重箱に詰めるのは「めでたさを重ねる」という願いが込められています。

 

料理の一つひとつにも願いが込められています。

「昆布巻き」・・・”よろこぶ”というお祝いの意味

「栗きんとん」・・・”金”つまりお金がいっぱいたまりますように。

「数の子」・・・卵がいっぱいだからこどもにたくさん恵まれますように。

「伊達巻き」・・・昔の本は巻物でした。くるくると巻いているのが似ているので

         頭がよくなりますように。

「海老」・・・腰が曲がるまで長生きができるように。

 

「お雑煮」・・・元旦にやってくる年神さまの魂が宿ったお餅を食べる

        というありがたい料理だそうです。

        香川は「あんもち雑煮」ですね!!甘くて白みそとの相性バッチリ!!

 

 

 

その年の健康と幸せを願う様々なお正月の風習を子どもたちと一緒に楽しみましょう。

 

調理室