保育所のこだわり

こんな風にしていたな~ 

2019年12月19日 木曜日

少しずつ、ハーっと吐く息も白くなり、本格的な冬がやって来ようとしていますね。
ひよこ組の子どもたちもますます大きくなり、遊びの姿も4月に比べると変わってきました。

お家や保育所でのこと、お出かけに行ったこと、病院で注射をされてちょっと嫌だったこと、自分が身の回りで経験したことを、子どもたちなりにまだ本格的ではないですが、遊びの中で再現して楽しむ姿がみられるようになってきました。

 

 

 

 

お医者さんごっこをしています。
最近病院へ行ったのかな~?

どこが痛いんですか~?
聴診器はチェーンリングです。
いつもチェーンリングはタッパーに入れたり、ままごとの具材になっていることが多いですが、発想がおもしろいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹が痛いんです~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは忙しそうなお母さん。
「はやく寝なさい~」
と言っているのではないかと思うぐらいトントンする手が早かったです。(笑)

 

子どもがたくさんいるようで、後ろにはまだお風呂に入っている子どもたちがいます。
お風呂に寝かしつけに、お母さんは大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ていると、「〇〇つくったん」「〇〇いくん」と面白い返事をしてくれる子もいて、思わず笑ってしまう場面もあります。
子どたちは遊びの中で経験したことを再現しながら、気持ちを発散したり、嫌なことは解消したりしています。

 

 

もうすぐ今年が終わりますが来年はどんな姿を見せてくれるかが楽しみです。

乳児クラス担当