保育所のこだわり

子どもの言葉♪   

2019年11月19日 火曜日

言葉が増えはじめた小さな子どもの言葉って、言い間違いや、年に合わない大人びたことを言ったりおもしろいですよね。

特に二歳ころって、私にとってはツボでして、、ちょこっとそれを紹介させてください。

 

 

★くるみさんのAくんの場合

遠いところから、私を呼んでます。

「先生、先生!カモがおる!カモカモ!見て見て~」と

内心プププー、カモは保育所にはおらんやろーーー

「Aくん、カモじゃないと思うよ。クモじゃない?」

「えっ!クモなん?じゃあクモがおる、見て見て。」

ハイハイっと近づいて見てみると、、まさかのまさか、そこにいたのは

    イモムシ  でした・・・・・・・・

いやあ、私もまだまだです。

「クモでもないわ。イモムシだった。」

「先生まちがえたん??」

「ごめん、、」えっ私が怒られるんや、ちょっと腑に落ちないわあ。

 

 

★くるみのBちゃんの場合

「先生、この服お母さんが買ってくれたん。」

「Bちゃん、かわいいね~、すごく似合ってるよ~」

Bちゃんは、その服の裏側をめくりながら

「ほら、裏側スムージー」

・・・・???スムージー??美味しいやつ??

触ってみると、めっちゃ気持ちいい裏起毛!

おそらくは、スベスベのことかな。でもおもしろいから

「本当、すごいスムージー」

 

 

★どんぐりのCちゃんの場合

お散歩中に二人一組で手をつないで歩いているとき、CちゃんはDちゃんとつないでいたのですが

Cちゃんは、すぐに手をはなしてどこかへ行こうするんです。

まじめなDちゃんは、とっても困った顔で手をにぎりかえしますが、すぐにまた振りほどいてしまいます。

見かねて

「Cちゃん、ちゃんとDちゃんと手をつないでね。」と軽く注意したところ

CちゃんはDちゃんに向かって

「離さんとって!」とすごい勢いできれます。

「いやいや、Cちゃんが離したのよ。」とまた注意すると

「ホンマに!」とまたDちゃんにきれます。

なんてなんて理不尽な・・Dちゃんかわいそすぎるし。

「ごめんねDちゃん」とフォローする私と、そんな私にそっとうなずくDちゃんなのでした。けなげすぎる。

 

 

まだまだこれからも、たくさん笑わせてもらおうと思います。