保育所のこだわり

夏がすぎて    

2019年10月11日 金曜日

今年はなかなか秋の気配が遅かったですね。

ようやく涼しくなってきましたが、九月~十月にかけての暑かったこと!

「暑さ寒さも彼岸まで」なんて言葉は、いつの時代のことでしょうか・・?

 

外遊びをしながらも、「まだまだプールできたよね~」て言葉が何度となく、、

でも大人のぐったり感もお構いなく、子どもたちは暑さなどへっちゃらです。

 

そんな中、プール遊びが終わって、約一ヶ月半ぶりに、さくらんぼ広場で遊んだくるみ組さんとどんぐり組さん。

たった一ヶ月半のあいだに、グーンと成長していることにびっくりしました。

 

すべり台に登るのもやっとこさ感じだった子や、保育者の介助が必要だった子も、一人でするするとしっかりとした足どりで登れるようになっていたり、すべり降りるのを躊躇していた子も、一人でスウーとすべれるようになっていたりと!

すごいですよね、この時期の子どもたちの成長のはやさに驚きです。

中にはすべり台のはしごではないところからよじ登ったり、すべり台の逆向きに登ってきたりする子までいたりして、びっくりをとおりこえて「危ないよー」で、苦笑い。

 

こちらは、ドンドン年を取るので子どもたちの変化のはやさに頑張ってついていかねば!と、あらためて思いました(笑)