保育所のこだわり

暑い夏には、かき氷!!

2019年8月6日 火曜日

遅い梅雨明けから、連日の猛暑日。

 

毎年小学生の夏休み期間に、暑い夏のお楽しみとして、夕涼み会で残ったシロップを使って「かき氷」をしています。

8月2日(金)最高気温が36度を超す中、少しでも涼めたらいいな~と、かき氷屋さんをしました。

 

残り物のシロップなので、味はイチゴとレモンのみ。

夕涼み会より小さいカップに作って(おやつの前ですから)

ぱんだぐみの学童さん、さあらぐみ、ぴっぱらぐみ、れんげぐみのみんなで食べました。

 DSCF9010DSCF9009

 

 

 

 

 

小学生たちはなぜか2つの味を楽しみ内容で、「イチゴとレモン」「レモンとイチゴ」と、2段階で味の変化を楽しんでいました。

保育所の子どもたちも、「イチゴください!」「レモンにする!」と自分で好きな方を選んで注文してくれました。

 

冷たいものの食べ過ぎには注意が必要ですが、暑い夏、時にはこんなお楽しみも必要ですね。