保育所のこだわり

光と影☆    

2018年12月4日 火曜日

くるみ組のある日の朝。

ある子が

「先生、なんかある~。なんだ、これぇ?」

と壁を触っていました。

見てみると、どこかに太陽の光が屈折して、プリズムに通したような虹のような光が映っていました。

DSCN8932[1]「わー、Tくんの手が虹色や~!」

「ぼくもさわりた~い。」

と仲良く手をかざして楽しんでいました。

DSCN8934[1]

 

また別の日のこと。

レールをつなげて遊んでいた子たちが、レールを見て、

「線路みたいや~。なんで~?」

と触っていました。

DSCN9078[1]ねじの玩具を入れているカゴの影でした。

でこぼこしているんじゃないかと触って確かめる子どもたちでした。

DSCN9077[1]

くるみぐみ担当保育士