保育所のこだわり

AED講習会 

2018年6月26日 火曜日

 

 

西光寺保育所の玄関を入って、階段の手前に、AEDが置いてあります。

AEDとは、automated external defibrillator 自動体外式除細動器のことです。

 

プール遊びが始まる前に、AEDの講習会を全職員が受けれるよう、2日に分けて行いました。

 

DSCF2252

四国警備保障の方に講師をしてもらい、AEDの使い方を習いました。

人形を使って、心臓マッサージを練習しました。

 

 

 

 

DSCF2253

 

AEDから流れるピッピッピッというメトロノームに合わせて、グッグッグッと心臓マッサージを行います。

押しが弱いと「もっと強く押してください」とアナウンスされます。

 

 

 

 

DSCF2255

心臓マッサージは1分間に100~120回しなくてはいけなく、そうとう疲れます。

(香川県の119番通報から救急車到着までの平均時間は、8分ほどだそうです。)

 

 

 

 

 

AEDには成人用パッド(小学生から大人)と、乳児用パッド(未就学児用)があります。

それらの使い方や心臓マッサージの仕方の違いなども教えてもらいました。

幼児の心臓マッサージは、片腕で、胸部が1/3沈む強さで。

乳児の心臓マッサージは、指2本で、胸部が1/3沈む強さで。

 

AEDや心臓マッサージ、使うことがなかったらいいなと思いますが、

いざというとき、慌てず対応できるように職員全員、真剣に取り組みました。