保育所のこだわり

夏の思い出   

2016年9月29日 木曜日

本当に暑い夏でした。

 

西光寺保育所のぱんだ組(学童)でのおよそ1か月の夏休みが終わりました。

子どもたちにとって、いろんなことがあった夏休みだったと思います。

今日はそんな夏休みの様子を写真とともに振り返りたいと思います。

 

まずは、夏休みが始まる前からスタートしていたあの壮大なプロジェクト、

「牛乳パックで船を作ろう!」です。※この本を参照

 

102個の牛乳パックを集めて、1個ずつ飲み口部分をボンドで接着。

img_3655

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、それをガムテープでくっつけていきます。

img_3657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何日もかけて、いろんな人の手をかりながら、

img_3725

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてついに完成!

 

 

みんなで運んで、

 

img_3727

 

 

 

 

 

 

 

進水式。浮かべます。

 

img_3728 img_3729

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、夏休みの集大成。うまくいくでしょうか!?

 

 

 

完結。そして水を吸い込んだため片付けとなりました。

たった1日のために、それでもみんなの思いが詰まったこの船を片付けるときには感慨深いものがありました。

 

 

 

夏休みのヒットゲームは、やはり、

「カルテット」です。

外国では古典的なゲームですが、日本での知名度はまだまだ。でも、すんごく面白いゲームなんです。

img_3769

 

 

 

 

 

 

ルールは、4枚で1セットとなるカードを集めていき、最後に1番多くの4枚組(カルテット)を集めた人の勝利というものです。

 

カードを集めるために目ぼしい人に聞かなければなりません。

img_3765

 

「8の青、ください!」

 

 

 

 

 

img_3767

 

 

 持っていれば相手に渡さないといけません。

こうして4枚組(カルテット)をたくさん作っていきます。

 

 

img_3772

 

 「え~、なんでわかるん!?」

「カード、見たやろ~!?」

などなど。

やはり高学年の子が強いですが、やっぱり強いのはオ・ト・ナ♡

手加減せずにみんなからカードをいただきました。まだまだ負けるわけにはいきません。

 

 

 

 

 

そして毎年恒例となっている、

遊びの根っこ研究所 長松広志さんによる工作教室。

img_3786

 

 

 

 

 

 

今回もたくさんの楽しい工作を用意していただきました。

 

img_3776

 

作るときは真剣に。

 

 

 

 

 

できあがったらみんなで飛ばします。「飛べ!スカイスクリュー!!」

img_3789 img_3798

 

 

 

 

 

 

 img_3791 img_3790

 

 

 

 

 

空に舞い上がれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、ポケモンに進化してみたり、

 

 

img_3802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓球をしたり、

 

 

img_3826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泥んこで泳いでみたり、

 

 

img_3828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャボン玉をしてみたり、

 

 

img_3806 img_3818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこっと昼寝もしてみたり、 

 

 

img_3800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレスタ白山でお楽しみ会のバイキングやプールを楽しんだり、

 

 

img_3847 img_3878 img_3862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掃除機を寝ながらかけてみたり、

 

 

img_3932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新居を作ったり、

 

 

img_3934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなことをして過ごしました。

 

 

 

 

そして学童の子どもたちと過ごして思ったこと。

 

それは、いろんな色を持った子どもたちがいるということ。
のんびり屋のマイペースもいれば、せっかちな短気者もいる。すぐに行動に移す子もいれば、じっくり考える慎重派もいる。
それが1つ屋根の下で混じり合う。笑顔で混じり合っていい色になっていく、時にはぶつかり合ってぐしゃぐしゃに涙していい色になっていく。

 

ここは、そんな素敵な子どもたちの居場所なんじゃないかなぁと思いました。

 

 

今年は、昨年度で卒業していったガキ大将的な6年生に代わる存在がまだ現れずに夏を終えてしまいました。
そんな色を持った子が現れてくれることを少し期待しつつ、次は冬休みを楽しみにしたいと思います。
そして保護者の皆さま、ご理解とご協力、ありがとうございました。

 

 

 

学童担当