保育所のこだわり
2021年2月26日 金曜日

世の中コロナ禍で人と人の距離をとりましょうと言っていますね。

もも組の子たちもソーシャルディスタンスでは無いですが、おもちゃの棚にあったものを全部落としてそれぞれ上手に棚の中に入ってすまし顔です。

見ている方は落ちないかとハラハラしますが、出てくる時も身体を上手く使って器用に出てきます。

立つのも歩くのもポテポテだった子どもたちもこんなに成長し4月からはひよこぐみさんになりますね。

もっともっと動きも大きくなっていくと思いますがケガの無い様見守っていけたらとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月25日 木曜日

2月10日に『まんばのけんちゃん』がお昼ごはんにでました。

香川の郷土料理なのはみなさんも知っていると思います。

『まんばのけんちゃん』と呼ぶのは東讃のほうで西讃のほうでは

『ひゃっかのせっか (ひゃっかの雪花)』と言うそうです。

同じ讃岐でも東と西で違うのですね!!

 

洗って茹でているところです。

まんば特有の匂いがしました。

 

 

 

 

 

 

茹であがって

一回取り出してから水につけて

一晩かけてあく抜きをするところです。

水は紫かかったいろになります。

 

 

 

出来上がったところを撮るのを忘れていました…。

 

豆腐や油揚げが入り醤油とごま油の風味がまんばの

甘みと相まってとても美味しく出来上がりました。

 

 

 

 

食べなれている子は沢山入れて食べていましたが

食べなれていない子は少しにしましたが、美味しかったようで 残食はありませんでした!

 

 

まんばは霜がつくと甘みが増すといわれています。

なので

この時期にしか食べられない まんばのけんちゃん。

2月26日にも給食で出ます。

いっぱい食べてくれたらいいなぁ。 

 

 

調理室

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月24日 水曜日

 

梅のつぼみがほころび始め、寒さの中にも、ほのかに春を感じられるようになりました。

子ども達も戸外へ出る機会が多くなり、柔らかな日差しの中で、好きな遊びを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度も残り一ヶ月半になりました。四月からは、それぞれ新しい環境へと進みます。

これからの一日一日を大切に、大好きな友達や先生と慣れ親しんだ空間で、

豊かな時間を笑顔で過ごして欲しいと思います。

 

その他職員

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月22日 月曜日

3月の行事予定をお知らせします。

 

2日(火)土砂災害避難訓練

4日(木)新入所児健康診断

5日(金)お別れ遠足(さあら・ぴっぱら・れんげぐみ)

11日(木)避難訓練

20日(土)修了式(らいおんさんと保護者のみ)

25日(木)体重測定

26日(金)終業

27日(土)・28日(日)業者清掃のため休業日

3月29日(月)~4月2日(金)希望保育期間

 

4月3日(土)新年度周知会

4月5日(月)始業

 

行事予定は変更することもあります。

各クラス掲示板等でご確認ください。

2021年2月22日 月曜日

先日、お寺の樹齢云百年の楠木の剪定作業をしているところに遭遇しました。
庭や庭園の手入れをしているのは見たことがありますが、こんな大木の剪定は見たことがありません。

 

 

 

まずクレーン車でとどくところの枝打ちを済ませていたようで、
とどかない木のてっぺん付近に庭師さんが登っているではありませんか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場を慎重に確かめて、のこぎりで1本1本枝を切り落としたり
腐った部分をのけたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝が落ちたとき、屋根瓦を割らないようにロープを使っておろします。
高い木の枝にひっかけておいて、下にいる庭師さんが緩めながらおろします。
なるほど・・・衝撃が少ない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切った枝を短く切っていきます。
切った枝3本をたばね、三足の台を作り、そこに切る枝を
立てかけて切っていきます。
なるほど・・・切りやすい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短く切った枝をたばねています。
二本の角材の上に板をのせ、たばねています。
なるほど・・・たばねやすい!

 

 

 

 

 

 

 

 

幼児クラスに仕事を知るという課業がありますが、庭師さんという仕事は人間の
知恵と技をもって自然と向き合う仕事をしているんだなぁと感激しました。

 

 

 

 

庭師さんによって剪定された楠木を見上げると
拳をつきあげたように力強く立っている姿にパワーをもらいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他職員

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月15日 月曜日

 

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています。

さくらんぼ広場では、ひんやりとした空気を肌で感じたり、白い吐息を吐いたりと、

子ども達は小さい体で季節を感じながら過ごしています。

 

 

今年度も残り2ヶ月をきりました。

一日一日を大切に、体調に気を付けながら楽しんで過ごしたいと思います。

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月12日 金曜日

2月の環境認識のテーマは「交通」です。

収集コーナーの乗り物の写真を見て「これは飛行機で空を飛ぶよね~」「この車かっこいいな~」と友だちと会話する姿が見られます。

また、遊びの中では粘土でバスや自衛隊の戦車を作ったり、積み木で警察署を作る姿が見られたので写真を撮りました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図鑑や写真を見ることが好きな男の子3人が作った作品です☆

細かいパーツまで再現しようと試行錯誤していました♪

出来た作品を周りの友だちが「すごーい」「〇〇くん、上手やね!」と褒めてあげる姿を見て、倍嬉しくなった保育者でした☆

 

幼児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月10日 水曜日

外が寒く、散歩や外遊びができないある日のもも組。

何して遊ぼうかな~と考え、チラシをたくさん用意しました。

チラシを見る子どもたちの目はキラキラ興味津々です!!

“ビリビリビリ~”と破ってみせると子どもたちも真似して一生懸命に引っ張るけど

うまく破ることができません。

そこで少し切れ目を入れることでスムーズに破ることができ、満足そうな子どもたちでした(*^^*)

また、くしゃくしゃと丸めてボールにしたり、チラシの中の写真にくぎ付けになったり、

紙吹雪のように上から降らせてみたり、

最後まで楽しく遊べて大満足の様子でした♪

 


カテゴリー: 保育所のこだわり
2021年2月8日 月曜日

学童保育ぱんだ組の冬休みが終わりました。

コロナ渦の影響もあり、例年よりは少ない人数でしたが
それぞれが楽しくぱんだ組でのひと時を過ごしていました。

 

『子どもは風の子』という言葉通り、寒さもはねのけて外で元気に
遊ぶ姿も多く見られました。

子ども達が何人か集まると、すぐに鬼ごっこが始まります。
私も時折、混ぜてもらうのですが、鬼が2人のときに必ず聞く言葉があります。

「はさみ撃ちなしね!」と。

さも当たり前のようにみんなに伝えて、鬼ごっこは始まりましたが、云十年前に鬼ごっこをしていた
私にとってはビックリ仰天。
そして、その5秒後には、こう考えていました。

 

鬼ごっこで鬼になる。
それは時に孤独で、時にのけ者にされたような気持ちになることもある。
だからこそ捕まえた時や、タッチ交代したときの喜びはひとしおだ。

逃げる方はどうだ。
鬼が2人になることで、そのぶん警戒して逃げる必要がある。しかし、袋小路に追い込まれ、
じわじわと詰め寄られ、「タッチ!!」とやられてしまうこともある。

でもときどき、その包囲網をくぐり抜けて逃げる素早い子どもがいる。
そして、その逃げる子に声援を上げる仲間たち。
これこそが鬼2人の鬼ごっこの醍醐味なんじゃないのか!?
はさみ撃ちなしというルールは本当の優しさや思いやりなんだろうか。

 

と。

それを子どもたちに熱く語りましたが、受け入れてもらえず、それでもあきらめず主張しましたが、
聞く耳をもってもらえず、「そういうもんやけん!」とバッサリ。
はさみ撃ちなしの鬼ごっこは、どこか昔見た運動会の徒競走で、並んで1列でゴールする光景を思い出してしまいました。

 

 

昔ながらの遊びの持ち味や、醍醐味を伝えていくのも大人の役割だと思います。
微力ながら、いつまでも発信し続けていきたいと思います。
負けんぞ~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学童職員

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり