保育所のこだわり
2013年4月30日 火曜日

全国の乗り物好きなみなさん、こんにちは。

今回は西光寺保育所で子ども達に愛されている乗り物を紹介しようと思います。


まずは三輪車。
小型のため小回りがききます。後ろのフットレストに片足を置いて地面を蹴って進むと驚くほどのスピードが出ます。

 

サドルにある『マスセット ターボ』の文字がその速さを物語っています。

 

 

 

 

次は今、流行中のランバイクです。

 

 

 

 

 

 

ペダル無しの自転車のようなもので、またがって地面を蹴りながら進みます。自転車に乗る前の段階としてバランス感覚を養えると人気のようです。

 

ちまたでランバイクといえば「ストライダー」が有名のようですが     こちらは
『niji-iro-go(虹色号)!』
いいネーミングですね。

 

 

他にも、

 

 

こんな二人乗りの三輪車や、

 

 

 

 

なつかしのローラースルーゴーゴーもラインナップ!

 

 

 

 

 

 

そんな乗り物は子ども達に大人気!乗り物にまたがったときの子どもたちの笑顔がそれを教えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

こんな三輪車、欲しい・・・

 

幼児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月26日 金曜日

 

4月になり、もも組にも新しいお友達が仲間入りしました。どの子もかわいらしいこどもたちばかりです。

風が心地よく感じられるようになり、こどもたちは散歩を楽しんでいます。

外に出ると気持ちよさそうに

「あーあー」とお話したり手足を動かしたりして喜んでいます。

今からこどもたちの成長が楽しみです。どんな姿をみせてくれるかな?

 

乳児クラス担任

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月25日 木曜日

毎週月曜日の朝、3歳以上児は本堂へ入ります。

4月22日にお話ししたことです。

 

本堂は何をするところか知っていますね?

  「はい!」

本堂の中を走ることはいいことですか?

  「いかん。」

お念珠は左手に持つことを知っていますか?

  「はい。」

では、赤信号は止まれ、を知っていますか?

  「はい!」

知っていても止まらずに道路を渡るとどうなりますか?

  「車にはねられる。」

 

知っていてもそれを守らなければ何にもなりません。

 

昔、中国に偉いお坊さんがいました。

県知事さんがやって来て質問をしました。

「仏さまの教えを簡単にいうと、どういうことですか?」

 

そのお坊さんは答えました。

「仏さまの教えは、悪いことをせず、いいことをして、心をきれいにする。これが仏さまの教えです。」

 

県知事さんは言いました。

「そんな簡単なこと、5歳の子どもでも知っている。ばかにするな。」

 

お坊さんは言いました。

「5歳の子どもでも知っていることを、大人の県知事のお前ができているか。知っているということと、しているということは違うのだよ。」

 

みなさんはどうですか?

 

合掌

 

 

 

カテゴリー: 理念ブログ
2013年4月25日 木曜日

 

新しいクラスになり、3週間が経ちました。

最初は不安で朝泣いていた子も、今ではすっかり慣れてご機嫌で遊んでいます。

 

毎日パズルをしたり、積み木をしたり、

バイク、お世話、ままごと…みんなとても楽しそうです。

 

ひよこ組の時もままごとは人気でしたが、くるみ組になって、

更に新しく具材が増えたり、今までなかった形の食器も増え、

「まっせ~(いらっしゃいませ~)」とお店屋さんになったり、

「かんぱーい!」とお茶会を開いたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これはりんごのジュースです」

「これお弁当です。どうぞ」

 

 

子どもたちがやりとりしているのを見ていると、

本当におおきくなったなあ…と実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳児クラス担当

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月24日 水曜日

今年度も昨年度に引き続き、芸術士のきよっち(赤松さん)が木曜日と金曜日に来てくれています!

本日(4月18日)の美術活動は「紙粘土で遊ぼう♪」

柔らかい紙粘土をこねたり丸めたり伸ばしたり切ったり・・・

 

 

 

 

 

「きよっち、みてみてー!」

 

 

 

 

 

 

「うわー!すごーい!!」

 

 

 

 

 

 

年少さんも楽しそう♪

 

 

 

この日は紙粘土だけじゃなく、カラー耳かきや、円柱型のカラーのスポンジなども自由に使いました(^^)

 

 

 

 

 

何ができるのかなー??

 

 

 

 

 

 

リボン付きの可愛いケーキが出来ました♪♪

 

 

 

こんな風に眉やほっぺたを作って顔に貼る子もいましたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

きよっちは、子どもたちが作るもの描くもの全てを認め受け入れてくれるので、子どもたちはきよっちとの時間が大好きです♪♪

今年度はどんな作品ができるかな!今からとっても楽しみですね(^^)

 

幼児クラス担当

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月23日 火曜日

3月29日のブログで白鳥が卵をあたためていることをお知らせしましたが、その続報です。

 

あれからずっと巣を守っていた白鳥に事件です!

4月17日夕方

すぐ横の田んぼで田植え準備の為、トラクターを使い始めたのです!

大きな音をだして動きまわるトラクターにびっくり!でも勇敢にもトラクターの後ろについて威嚇して歩いていました。次の日の朝、田んぼに停めてあるトラクターが気になり、つついてみましたが、動かないので大丈夫。

「なんだ なんだ!」

近付いてみよう

えい、えい、
「つついてみたけど、大丈夫!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「まだ卵やったわ」

トラクターに乗っていて巣の中がみえたおじいちゃんが言っていました。

 

今年もダメなのかなあ・・・と思っていたら・・・

 

4月21日 5個ある卵のうち、3羽、羽化しているひなを発見!

親鳥の羽の下にいました。

大事に守られていたのです。エサは親鳥が食べた物をかみ砕いてあげているようです。

 

 

よかったね、白鳥さん。おめでとう!

無事すくすく育つよう祈るばかりです。

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月22日 月曜日

4月11日に小学校の入学式がありました。

つい先日まで保育所の年長さんだった子どもたちがピカピカの一年生になりました!

前田っ子見守り隊の皆さんが下校時刻に合わせて道に出てきてくれています。

 

翌12日、小学校から保育所の学童保育ぱんだ組への初下校でした。

 

 

途中まで小学校の先生が引率してくれます。

通学路には、前田っ子見守り隊の皆さんが立ってくれていて、小学生たちの安全を見守ってくれています。

 

 

「ランドセル、おもたい~!」
「持ってあげようか?」

途中まで迎えに出て、帰ってくるのを待っていると、ピカピカのランドセルを背負った一年生たちがニコニコ笑顔で帰ってきました。

 

 

この日、初日ということで、制服・ランドセル姿を保育所のみんなにお披露目に行きました!

「入学おめでとう!」

「制服着てると、すっかりお兄さん・お姉さんだね。」

「うわ~!かっこいい!」

 

保育所の職員や子どもたちから次々に声をかけられて、みんなテレテレ 😳

大きくなった自分を実感したのではないでしょうか。

 

始まったばかりの新生活で、ワクワク・ドキドキ緊張の毎日を過ごしているだろう一年生たち。

ぱんだ組に帰ってきたら「ホッ」と安心して一息ついてもらえるような空間を用意していきたいと思っています。

第二の家庭になれるよう、「おかえり!」と笑顔でみんなが帰ってくるのを迎えたいです。

 

その他職員

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年4月21日 日曜日

5月の行事予定をお知らせします。

 

7日(火)年長児ヨーガが始まります(毎週火曜日です)

11日(土)花まつり

14日(火)避難訓練

19日(日)前田小学校地区民運動会に年長・年中児参加

24日(金)体重測定

 

行事予定は変更することもあります。

各クラス掲示板等を確認してください。

 

2013年4月20日 土曜日

毎月一度、夕方17:30から職員会を行っています。

職員会は、翌月の行事予定の周知、各クラスからの報告、各行事の詳しい内容を決めたりと、いろいろな議題で行われます。

 

今月の職員会では、来月の花まつりについて係りの職員から説明等いろいろありました。

職員会の最後に私から「花まつり」について職員のみなさんに話したことを書きます。

 

 

花まつりは、お釈迦様がお生まれになった日、4月8日です。

このような言い伝えがあります。

 ある日、お釈迦様のお母さんであるマーヤ夫人が寝ているときに、窓から白象が入ってきて、自分のおなかの中へ入っていく夢を見ました。

 そしてマーヤ夫人はご懐妊となりました。

 その後、お釈迦様はルンビニ園という花園でお生まれになりました。

 お釈迦様が生まれたとき、ルンビニ園は花々が咲き乱れ、天から甘露の雨が降りました。

 そして、お釈迦様は生まれてすぐに7歩あるき、右手で天を指さし、左手で地を指さし、「天上天下唯我独尊」とおっしゃられました。

 

このお話にまつわり、花まつりでは白象を引っ張ってパレードします。

花御堂(はなみどう)を花で飾るのは、ルンビニ園の花を表しています。

灌仏(かんぶつ)でお釈迦様に甘茶をささげるのは、甘露の雨を表しているのです。

 

お釈迦様が歩いた7歩は、「地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界」の六道ろくどう(私たちはこの六道を輪廻しています。)を超えた7歩目、悟りの世界、輪廻しない世界にいるということを表しています。

「天上天下唯我独尊」は、この世で一番尊いのは「わたし」であるということです。この「わたし」とは、私だけという意味ではなく、あなたも、あなたも、すべての「わたし」の命が尊いという意味です。

 

西光寺保育所では「各各安立・みんな違ってみんないい」という保育理念を掲げています。

これも同じことです。

すべての命を大切に。

 

合掌

所長 三浦教尚

 

 

 

カテゴリー: 理念ブログ
2013年4月19日 金曜日

新しいクラスになって、少しずつ慣れてき始めている子どもたちです。

一人の子が、車を走らせているともう一人、もう一人と、同じ遊びを楽しんでいます。

人気なのは、車のハンドルです。

友だちを後に乗せて「いってきまーす」と出発しています。

 

お弁当箱においしいものを、詰め込んで持っていっている子もいます。遠足気分ですね♪

 

他にも新しい玩具に、興味津々です。

どんな風に遊んだり、扱ったりしたらいいのかなと保育者と一緒に遊んでいっています☆

 

乳児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり