保育所のこだわり
2013年3月14日 木曜日

先週の木曜日はお別れ遠足でした♪暑い位のいいお天気で、まさに遠足日和♪♪

3~5歳児全員、頑張って屋島のふもとから山頂を目指して登りました!!

休憩のときにみんなで食べる飴と、着いてから食べる手作りのお弁当が心の支え☆

途中、「まだ着かんの~?」「もう疲れたわ~!」とペースダウンしている子もいましたが、無事

全員登りきることができました。

 

そして待ちに待ったお弁当タイム♪

お互いのお弁当を嬉しそうに見せ合う子どもたち♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのお弁当も彩り鮮やかで美味しそうでした♪

お弁当の後のお菓子交換もとっても盛り上がりました(^^)v

 

水族館の中を見て回ったあとは、お待ちかねのアシカショーとイルカショー!!

真剣に見ている子どもたちはこんな表情でした!

 

 

 

 

 

 

アシカショー

 

 

 

 

 

 

 

イルカショー

 

”お別れ”遠足ということで、年長さんにとっては最後の遠足になってしまいました。

寂しいけど、とっても楽しい思い出になったようで良かったです(*^^*)

 

幼児担当

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月13日 水曜日

 

天国はない
ただ空があるだけ

国境もない
ただ地球があるだけ

 

と歌ったのはジョン・レノンです。
互いに手を取り合い平和を願う歌だと私自身は思っています。

そして保育所にはそんな歌を思い出させてくれるゲームがあります。

「ハンド イン ハンド」
というゲームです。 手と手をつないで大きな輪を完成させたり、長くしたりして遊びます。
カードには様々な人種、性別の子どもたちが描かれていて子どもたちは絵を見ながらたくさんの手と手をつなげていきます。

途中で曲がったり、長くなるのを楽しみながら遊んでいます。

 

 

 

世界が平和になる方法を一番よく知っているのはきっと子どもたちなのだろうと思います。

 

幼児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月12日 火曜日

近、カップとレンゲを持って遊ぶことがお気に入りの子どもたち。

カップの中をレンゲでかき混ぜたり、すくって食べる真似をしたりして遊ぶ姿が見られます。

 

又、友だちや保育者のところにやってきて“食べて”というようにレンゲを口元まで持ってきてくれます。

「ぱくっ」と食べる真似をすると、にっこり笑って何度も食べさせてくれます。

そんな姿がとてもかわいらしいです。

 

毎日遊びの中で、すくったり、握ったり、つかんだり、引っ張ったり、押したり・・・いっぱい手や体を使って遊んでいます。

 

 

たくさん遊ぶことで、指先や体全体をうまく使えるようになり、

食事のなかではスプーンを持って食べたり、コップを持って飲んだりすることも少しずつできるようになってきました。

 

遊ぶことで様々なことを学んでいる子どもたちです。

これからもいっぱい遊んで、大きくな~れ!

 

乳児クラス担当保育士

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月11日 月曜日

ひよこ組にある牛乳パック積み木。

ある時は、

「どんどんばしわたれ~♪」

と言いながら、橋のようになったり、

高く高く積んでタワーのようなものが出来たり、

長~く並べて車の道になったりもします。

 

そんな牛乳パック積み木で、今日はトンネルを作りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの車がトンネルを通りぬけていきますー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブンブーン、いくぞー!」と言いながら嬉しそうに次々と走らせる子どもたち。

 

 

そこで思いついたA君。

車が通れるのなら・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も通れるかな!?チラリ・・・

 

 

 

子どもらしい発想に思わず笑ってしまいました。

 

乳児クラス担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月8日 金曜日

午後3時すぎ、「ただいまー!」と元気な声が聞こえてきます。

小学生たちが学童保育ぱんだ組に帰ってきました。

 

前田小学校からぱんだ組まで、大人にとっては10~15分ほどで歩ける、何の変哲もない道です。

 

でも、子どもたちにとっては違うようです。

目線の高さが違うから?

歩くスピードが違うから?

毎日毎日、なにかを発見して、見つめて、拾って・・・

 

「いったい途中でどんなことをしてるの?」と、一度こっそり後をつけてみたくなります。

 

そんなある日、

「せんせー、はい、これ。おみやげ!」1年生がビニール袋を差し出してきました。

 

「これなあに?」と聞くと、

「葉っぱと、ゴミ!」

「ゴミ拾いをしながら帰ってきたんや!」

 

「靴箱のところに、空き缶もあるよ!」と口々に答えてくれました。

袋の中を見てみると、タバコの吸い殻やアメの包み紙、いろいろなゴミが入っていました。

「ゴミひろいしながら帰ってくるなんて、すごいね、えらいね。ありがとう。捨てておくね。」と受け取りました。

 

 

さて、これらのゴミをポイ捨てしているのは誰でしょう?

お菓子の包みは子どもの可能性もありますが、コーヒーやお茶の空き缶、たばこの吸い殻は明らかに大人の出したゴミですよね。

 

子どもたちは大人のしていることをよく見ています。

ゴミ拾いを自らするのも、きっと周りの大人からのいい影響でしょう。

それと同じで、ポイ捨てをする大人を見て育つと、子どももそれが悪い事と思わずポイ捨てをするようになるのではないでしょうか。

 

私たち大人は、子どもたちにとって良いモデルとなれる行動を行わなければなりません。

それが保育者として、大人としての責任なんだと、今回の子どもたちの行動から強くそう感じました。

 

その他職員

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月7日 木曜日

はやいもので今年度も1カ月ほどになりました。

0歳児クラスから持ち上がって2歳児クラスの担当です。

もも組から、受け持った子も早3才になり、心も体も大きくなったなあと嬉しく思います。

言葉も増え、おしゃべりも上手になり、身の回りのことも、自分でできるようになって、、とこの3年間の成長は、驚くほどです。

保育所に慣れるまでは、不安で泣いていた子と散歩に、行った日々が懐かしいです。

今では、「保育所楽しいけんなあとまた明日も遊ぼうな」と、帰りに言ってくれるのが嬉しいです。

 

毎日当たり前のように、顔を合わし、一緒に過ごすことの大切さを感じるこの頃です。

4月からは、幼児クラスです。年上の子たちとどんなふうに関わって遊ぶのか楽しみです。

 

りす組担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月6日 水曜日

ボールを手にすると自然とつきたくなる子どもたち。

そこで、室内でも楽しめるようにとゴムまりを出してみました。

子どもたちは大喜び!!

「できるけん、みよってよっ」

と意気込んで撞き始めました。

まりつき歌の『でこぼうや』を口ずさみながら、つき続けるよりもあさっての方向へ飛んでいくゴムまりを追いかけ回していました(笑)

 

ゴムまりを追うことに、どの子も必死!!

 

 

しかし、子どもたちの吸収力は素晴らしく、すぐにリズムよくつき始めました。

そして今度は、歌の節ごとに足下を潜らせる技や、体をくるりと一回転させる技等、どんどん自分たちで工夫を凝らし、自慢し合っていました。

 

足下潜りに挑戦中♪

  ♫ でこぼうやっ・・・!かえろうやっ・・・!!

「やったぁー!オレ成功!!」

「うわっ、(ゴムまりが)またあっちへ飛んで行ってしもた 😆 」

 

とっても賑やかでアクロバティックなまりつきです。

 

相手を褒めたり、慰めたり、時には指摘したり、冷かしたり・・・

一緒にふざけて楽しめる友だちがいるっていいですね☆

お互いにいい刺激を与えて合っているなと、日々感じます。

 

明日は、何の自慢大会が始まるでしょう!?

毎日楽しみです 😀

 

 

 幼児クラス担当

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月5日 火曜日

絵本が大好きな子どもたち!!

月初めは、保育室の絵本が新しくなるので争奪戦(>_<)

絵本を選んでは、「これー!」「みるー!」と保育者の所に次々と持ってきます。

 

 

 

 

 

自分たちで絵本をめくりながら、話したりする姿も見られます。

 

 

 

 

 

お家でも、ぜひ子どもさんと絵本を楽しんでみてください。

 

乳児クラス担当

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月4日 月曜日

前日に砂場が無くなるほど大きな穴を掘っていた子どもたち、今日は掘った穴で何をして遊ぶのか見ていると、「いいこと思いついた!」 と言ったAちゃん。

波型の遊具を他の友達と一緒に運んで橋を作ってしまいました‼できあがったら「じゃんけんの勝負しよう!」と言って二人ずつに分かれて勝つと進める、負けるとペアの子と交代するじゃんけんゲームを始めました。

 

橋は波形になっていますし、盛り上がってくるとお互い走り始めて、みていることらの方がヒヤヒヤしてきます。

しかし子ども達はおかまいなしで楽しそうに遊んでいました☆

子ども達の想像力はとっても豊かで、いつも驚きます。時には遊びの先生となり限られた遊具や玩具で様々な遊びを行える子ども達から日々勉強しています。      

                                                                  その他職員

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年3月3日 日曜日

 

 

 

りんご

中期 みじんぎり

後期 うすぎり

 

 

 

 

 

保育所では果物は中期から食べれるようにしています。

今の時期でしたらかんきつ類多いです。

りんごも今はおいしい季節ですね。くだものもアレルギーの原因になるものもありますので体にやさ

しいものを取り入れるようにしています。

 

以前「果物はどういう形にして食べさせたらいいですか」と聞かれたことがありました。

保育所ではみかんでしたら中期は白い薄皮をとって一房をちいさくして食べさせています。

後期に近づくにつれ大きさを少しずつ大きくしてもぐもぐできるようにしています。

 

りんごなどは中期はすりおろし、後期に近づくとみじん切りで火を入れもぐもぐしやすいように煮りんごに、

歯がはえる時期にはスティックにしたり、薄切りのりんごにし手で持ってかみ切れるよう工夫しています。

 

お皿からつまむという行為も大切な発達のひとつだと思います。

手が汚れるからと思わず食べる意欲を育てることを大切にしたいですね。

 

乳児クラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり