保育所のこだわり
2013年1月31日 木曜日

 

保育所ではこのタンクの中にEMボカシを作っています。

 

 

 

調理室から出る野菜くずなどをEMボカシとまぜてEM生ごみ肥料を作ってくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

それを、畑に穴を掘って入れ、

 

 

 

 

土と混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

 

ビニールをかけておきます。

 

一か月くらいで、ほとんど分解されて土になっています。

 

時々、いのししかなにかの動物がビニールシートをはぐり、なかの物を掘り出しています。

ごみですが、おいしいのでしょう。

 

 

EMボカシは長期保存しても甘酸っぱい、いいにおいがします。

 

少しずつEM生ごみ肥料を使った土を増やしていき、次は子どもたちと春野菜を植えたいと思います。

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月30日 水曜日

朝、保育所のトイレに入ると、

 

 

 

 

 

 

 

 

スリッパが・・・(たまに芸術作品のようなときもあります)

 

しばらくしてもう一度見てみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

おしいっ!あと少し!

 

そしてお昼前。三度目の正直、

 

 

 

 

 

 

 

 

やった!ついにやりました!

 

 

やっぱりきれいに並んだスリッパを見るのは気持ちが良いですね。

これが私の永遠のテーマです。

 

幼児クラス担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月29日 火曜日

ももぐみでは、毎日おもちゃの消毒をしています。

布のものは干して、プラスチックのものやよくなめるものは洗って消毒をしています。

 

この頃の子どもたちは、手よりも口のほうが敏感なため、何でも口に入れては「これはなんだろう」と確かめて遊ぶ姿が見られます。

そこで十分になめて遊ぶことができるように、なめても安心なように毎日欠かさずおもちゃの消毒を行っています。

 

寒さも増しノロウィルス、インフルエンザ、RSウィルスなどが流行する季節です。

今の時期はできるだけ人ごみは避け、ゆっくり過ごすなどし無理をさせず乗り切っていきたいですね。

手洗い、うがいもこまめにしていきたいです。

 

ももぐみ職員

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月28日 月曜日

 

ひよこ組の部屋にあるチェーンリング♪

大人から見るとただのチェーンかもしれません。

しかし、子どもたちの中ではいろいろな物に大変身します :-)

普段は、チェーンリング落としとして棚に置いてあるのですが…

 

「よいしょ!よいしょ!お買い物!バイバーイ!」

と言って引き箱の中に入れて、お出かけをしたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お弁当しよん!」と言ってハンカチで包んで嬉しそうに持ち歩いたり♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のチェーンですが、子どもたちはいろいろな遊び方で楽しそうに遊んでいます 😀

 

いつも違った遊び方をしているので、子どもたちの発想にはいつもびっくりさせられます♪

 

 

ひよこ組担任

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月25日 金曜日

1月24日25日に「ご坊さん」こと、興正寺高松別院で報恩講が行われています。

1月24日に西光寺保育所の年長児さんたちが参拝し、仏讃歌とわらべうたをうたってきました。

 

西光寺の本堂よりも大きく広い本堂、たくさんのお参りの方々の前でうたうことに緊張した様子でしたが、

みんな大きな声で、きれいな歌声を聞かせてくれました。

わらべうたでは、おじいちゃん・おばあちゃんが一緒に口ずさんでくれていました。

 

「上手ねぇ。」

「かわいらしいわぁ。」

「元気いっぱいでいいなあ。」

おじいちゃん、おばあちゃんからたくさんの拍手とお褒めの言葉をいただきました。

 

年長さんたちはお参りの後、中央公園へ行き、お弁当を食べて遊んできました。

 

電車に乗ったこと、ご坊さんにお参りしたこと、中央公園で遊んだこと。

たくさんの経験をしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月25日 金曜日

1月中旬。クラスのみんなで前田八幡神社に新年のご挨拶に行きました。

この日の朝はかなり冷え込んだため、至るところにみんなの大好きな氷が!!!!

 

 

「この氷大きいよ!!見てみて~!!・・・あ゛ーっ!!!!・・・」

冷たさに耐えられず落としてしまう子も(>_<)

 

一つ一つの氷が、ちょうど子どもたちの顔ぐらいの大きさだったので、みんな氷を透かして

向こうを見ようと試みていたのですが・・・

こっちから見ると、ちょっと歪んで見えていつもと違う顔になっていたので、周りにいた子は

「変な顔~!」と大笑い(*^○^*)新たな氷の遊び方を見つけました♪

 

氷で十分遊んだら、さあ出発!!

道路の表面がちょっと凍っているところを、気をつけながら通っている時は

「俺全然滑らんと行けた!!」「僕も!!」と、滑らなかった自慢が繰り広げられていました。

(書いてる私は滑りました・・・)

冬の自然が、いつもの通り慣れた散歩道を、よりワクワクする道に変えてくれたんですね♪

 

八幡さんでは、お参りをした後、広い境内で鬼ごっこなどを思いっきり楽しみました。

地面に半分埋まっているどんぐりを必死でほじくり出している子も(笑)

 

 

八幡様、今年も子どもたちを連れていっぱい遊びに行きますね♪♪

 

幼児クラス担当

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月24日 木曜日

A君:ねね、先生みて。。これスケートで!

うわっ☆ほんとだあ!

 

子どもの発想はおもしろいですね。

寒さも一段と厳しくなってきましたが、寒さに負けずに元気に遊んでいます。

 

乳児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月23日 水曜日

早くも年長さんがアイススケートへ行く季節となりました。

毎年、冬ならではの遊びを経験できるように、また経験したことによってご家族とスケートリンクへ行きやすいようにと、アイススケートの体験教室へ参加しています。

何日も前から指折り数えて楽しみにしていた子どもたち♪

女の子たちのイメージは『浅田真央ちゃん』なのでしょう。

保育者に「ねえねえ、お洒落な髪型してきていい??」と言ってくるほどでした☆・・・服装はこちらから暖かい服装と指定していたので、せめて頭だけでもっと思ったのでしょうね 😆

そして、「スケートでクルクル回るんでっ」とスピンをする気満々で挑んできました!

コーンを使って慣らし中

 

アイススケートはほとんどの子が初めてなのですが、さすがは子どもですね!

転ぶ怖さより、滑れるようになりたいっという思いの方が強く、転んでは起き上って、滑って、また転んでを繰り返すうちに、どの子もいつの間にかリンクの端から端まで何にも摑まらずに滑れるようになっていました。

 

あそび『だるまさんが転んだ』を楽しんだよ

 

6歩歩いてはとまって、シュ~ッ 滑れたよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてインストラクターの方が、子どもたちの頑張りのご褒美に憧れの『スピン』を見せてくれました!

目の前で、軽やかにクルクル回る姿にみんな「うわ~!すごーいっ!!」と大興奮!!

 

アンコールに応えて、2度も回ってくれました!!

 

「私も(僕も)クルクル回れるようになりたいっ!!」と意気込んでる子どもたちです♪

 

アイススケートというあそびを通して、空気の冷たさ、氷の固さ、滑る難しさ、それ以上に楽しさ等いろんなことを肌で感じ、経験することができました。また、その経験をみんなで味わうことのできた貴重な時間となりました。

 

さて、近い未来、オリンピック選手が生まれるかも!?

期待しています 😛

 

幼児クラス担当

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2013年1月22日 火曜日

土曜日の午後にわらべうた勉強会をしました。

「冬」が題材のわらべうたをたくさん教えていただきました。

 

「冬」のわらべうたは、やっぱり冬が長い東北地方の物が多いようです。

わらべうたは、その地に根付いたものですから、歌詞も地方独特の方言などがでてきます。

 

一つご紹介「ドドッコヤガイン

ドドッコヤガイン  ケーシテヤガイン

アダマッコヤガイン  ケーシテヤガイン

スリボッコヤガイン  ケーシテヤガイン

 

これを見ただけでは???ですよね。意味は、

さかなをやこう ひっくりかえしてやこう

あたまをやこう ひっくりかえしてやこう

しっぽをやこう ひっくりかえしてやこう

 

子どもの手のひらを持って、表に向けたり、ひっくりかえしたりして遊びます。

これは東北地方で、囲炉裏端で子どもの手を暖めるときに生まれた遊びだそうです。

 

その地方その地方で生まれた、ことば・響き・リズム、それらを大切に受け継ぎ、子どもたちに心地良い歌やあそびとして提供していけたらいいなと思います。

 

勉強会の後半には、沖縄のこもりうたを教えていただきました。

ドレミの音階で、レとラを抜くと、沖縄民謡の音階になるんですよ。

 

沖縄から東北まで、いろいろな地方のいろいろなわらべうた。

子どもたちとたくさんうたって、あそびたいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 理念ブログ
2013年1月22日 火曜日

ままごと遊びでのこと・・・

 

 一緒に遊んでいるようで、

まだまだ一人の世界に入って遊んでいる

子どもたち。

 

 

ハンカチをテーブルクロスにする子。

ハンカチで何かを包んでいる子。

同じハンカチでも、一人ひとり使い方や遊び方が違います。

 

 別々に遊んでいたかと思うと、

「はい、どーぞ。」とお皿を渡してあげる姿も

見られるようになってきました。

 

 

 

こんな風に、少しずつ友だちと関わっていき、仲間関係ができていくんですね!!

乳児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり