保育所のこだわり
2019年12月19日 木曜日

少しずつ、ハーっと吐く息も白くなり、本格的な冬がやって来ようとしていますね。
ひよこ組の子どもたちもますます大きくなり、遊びの姿も4月に比べると変わってきました。

お家や保育所でのこと、お出かけに行ったこと、病院で注射をされてちょっと嫌だったこと、自分が身の回りで経験したことを、子どもたちなりにまだ本格的ではないですが、遊びの中で再現して楽しむ姿がみられるようになってきました。

 

 

 

 

お医者さんごっこをしています。
最近病院へ行ったのかな~?

どこが痛いんですか~?
聴診器はチェーンリングです。
いつもチェーンリングはタッパーに入れたり、ままごとの具材になっていることが多いですが、発想がおもしろいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹が痛いんです~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは忙しそうなお母さん。
「はやく寝なさい~」
と言っているのではないかと思うぐらいトントンする手が早かったです。(笑)

 

子どもがたくさんいるようで、後ろにはまだお風呂に入っている子どもたちがいます。
お風呂に寝かしつけに、お母さんは大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ていると、「〇〇つくったん」「〇〇いくん」と面白い返事をしてくれる子もいて、思わず笑ってしまう場面もあります。
子どたちは遊びの中で経験したことを再現しながら、気持ちを発散したり、嫌なことは解消したりしています。

 

 

もうすぐ今年が終わりますが来年はどんな姿を見せてくれるかが楽しみです。

乳児クラス担当

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月18日 水曜日

西光寺保育所の学童保育では、
お父さん、お母さんがお休みのときや都合がつくとき、
また祖父母の協力が得られる方は、学童保育をお休みして下さい
という決まりがあります。

それはなぜかというと、いくつか理由があります。

 

1つ目は、
家庭でゆったりと過ごしてほしいからです。
小学生は学校生活が主な活動です。加えて学童保育も となると
小学生にとってかなりの負担です。
ゆっくりとした時間や休息は学習への意欲や、規則正しい生活リズムに
つながります。

 

2つ目は、
学童保育が命をあずかる場所であるということ。
子ども一人ひとり、かけがえのない命を私たち保育者が、
保護者に代わってあずかっています。
元気な小学生です。予防はしていても、対策をしていても、
ときに子どものすることは予期しないことも多々あります。
だからと言って、何もかも禁止!も面白くありません。
そんなジレンマを抱えつつも、子どもにとってのより良い
環境とは・・・、と日々考えています。

 

そして3つ目、それは、
親と子がもっと向き合ってほしいと思っているからです。
義務教育で1日、7~8時間は学校に行っています。昔を考えると
これほどまで親と子を向き合わせない時代は、今までなかったと
思います。家庭で宿題を見たり、学校での出来事を話したり、
家の手伝い、一緒に買い物など、なんでもいいんです。
親子がもっと向き合ってほしい、少しでも同じ時間を共有してほしいと
心から思っています。

 

こんなことを考えるとき、必ず思い出す言葉があります。

2年前に保育所に講演に来ていただいた松居和氏の、

「子どもたちの本当の幸せは保育園にはありません。
 家庭にしかないんです。」

という言葉を思い出します。

私たち保育者は、子どもたちの本当の幸せをいつも思っています。
だからこそ、親と子の時間を!と願わずにはいられません。
これからの時代を担い、未来を作っていくのは子どもたちです。

そんな子どもたちの幸せを願う、令和元年の年の暮れでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学童職員

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月17日 火曜日

今回のまっちゃんとの活動は「紙コップで自由に遊ぶ」でした。

ホールには3000個の紙コップが並んでいます。まっちゃんの話を聞き、らいおんの子どもたちから

活動スタート!!

子どもたちはとっても頭が柔らかいため、色んな面白いことを思いつきます。

 

大きいプールを作ってみんなで入ったり、高く積み上げたり、積み上げた紙コップをシャワーのようにばらまいたり

お城や建物を作ったり、道を作って友だちとつなげたり、、、

どの子も目を輝かせて、夢中で遊ぶ姿が見られました!

 

次の活動ではどんな子どもたちの表情が見られるのか、、今から楽しみです☺

幼児クラス担任

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月13日 金曜日

 もも組の子どもたちは、午前と午後の二回午睡をしています。1歳半を目安に、子どもたち一人一人の様子を見て、1回寝に移行していきます。

 12月に入り、1回寝に移行しだした子どもたちも増えてきたので、午前中戸外遊びをしています。

 

 

 

 

 

 

 

さくらんぼ広場で、ひよこ組の子どもたちと一緒に遊んだり、時には、どんぐり組やくるみ組のお兄ちゃんお姉ちゃんもいて、玩具を持ってきてくれたり、一緒に遊んだりもしてくれています。ももぐみの子どもたちもとっても嬉しそうにしています。

戸外で遊んだあとは、石鹸で手洗いをして部屋に帰っています。

自分で手をゴシゴシと洗おうとする姿も見られます。

 

これからどんどん寒くなっていくと思うので、気候や気温など見ながら戸外で遊ぶ時間を作っていきたいと思います。

乳児クラス保育者

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月12日 木曜日

今年は元号が変わり、新しい時代への喜びと期待を抱くとともに、
災害や数々の事件に心を痛めた年でもありました。

子どもが巻き込まれる悲しい事件も後を絶たず、これからの未来に
子どもたち一人ひとりの命が尊重される、平和な世の中であって欲しいと願います。

そして保育所でのご縁の中で出会った、目の前の一人ひとりの子どもたちとの
時間を丁寧に大切に過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月10日 火曜日

11月22日(金)、以上児さんと一緒に「さぬきこどもの国」へ行ってきました!
行きのバスの中では、少し緊張しつつも窓から見える景色に「ここしっとる!」「○○ちゃんのおうち!」とはしゃいでいた子どもたち♪
「おにのバスやね!」とバスに描かれていた青鬼君のお話もしていました。

行ってきまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの国に到着して、広場の遊具で少し遊んだり、飛行機の中の見学をしたりした後、待望のお弁当&おやつタイム!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々離着陸する飛行機を横目に食べる、おうちの方の手作りのお弁当は格別だったと思います♪
お弁当とおやつを食べ終わる頃、小雨が降ってきたので、館内に移動し、ネットの遊具や木のボールプールなどで遊びました。
その後、外にある電車を見に行き、運転席に座って運転手さんになりきったり、車内放送用のマイクで自分の名前を放送してみたりして、楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にもう一度外の遊具でいっぱい遊んでから、バスに乗って帰ってきました!
バスの中ではみんな気持ちよさそうに寝ていました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい思い出ができましたね♪
年少さんになると、お互いのお弁当を見せあったり、お菓子交換を楽しんだりするのかな。
来年の遠足も楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

乳児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年12月2日 月曜日

 

 

毎日棚からたくさん玩具を出して遊んでいるもも組さん♪

 

乳児期は、なめて確かめる時期です。玩具を時には口の中に入れてそれがなにかを探っています。

そのため、私たちはなめてもよい安全な玩具を選ぶとともに、一人がなめた玩具を他の子がなめないようにとり分けたり、

毎日、すべての玩具を交換し、洗えるもの洗い、洗えないものは消毒をしてから日光消毒をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日子どもたちが触れる玩具だからこそ、安全で清潔に遊べるようにしています。

たくさんなめても大丈夫!いっぱい遊ぼうね♪

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年11月28日 木曜日

保育室の玩具にかまぼこ板つみきをだしました!

するとこんな子どもの姿をみることが…!

 

耳にあてて電話をしていました ♬︎

「もしもししよんー?」と聞いてみるとにこにこ笑いながら応えてくれたり、

保育者の耳にもあててくれたりしてやりとりを楽しんでいます (*^_^*)!

 

 

 

 

 

 

また、ぬいぐるみを寝かしつけたりすることもあります ♪

 

大人のことをよく見て真似ているんだなぁと思ってみています。

 

 

 

これからもたくさんできることが増えて成長していく姿を見るのが楽しみです ( ´ ` )

 

                                                         乳児担任より

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年11月26日 火曜日

さあらぐみのKくんがお休みの日に木下大サーカスを見に行ったことをきっかけに、Aちゃんと一緒にサーカスショーごっこをするための準備が始まりました!
一生懸命思い出しながら、空き箱で火の輪くぐりを作ったり紐で動物ブランコを作ったりしています。

 

 

 

 

 

 

出来上がるといよいよショーの始まりです☆
最初のお客さんはHちゃんとHちゃんの赤ちゃん♡「すご~い!!」と拍手をしてくれKくんも大喜び(*^_^*)

 

次の日、Kくんは登所するなり「サーカスする!」と言って昨日の続きを始めていました。
しかし昨日と比べて思ったよりお客さんが来てくれませんでした。。。保育者が「サーカスのチケットを作ったらいいんじゃない?」と提案するとRちゃんも手伝ってくれチケット作りが始まり、作り終わるとみんなに配っていました。

 

 

「なんて書く~?」と相談しているところ☺

 

 

 

 

 

 

動物を見ながら絵を描いています♪

 

 

 

 

 

 

「サーカス来てください☺」

 

 

 

 

 

 

獅子さんにも(^_^.)

 

 

 

配り終わりショーの準備をしているとなんと、クラスのみーんなが見に来てくれKくんAちゃんRちゃんはびっくり!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張しながらも裏方にいるRちゃんに手伝ってもらい「次はしまうまの火の輪くぐりでーす」などと声をかけながらショーを成功させていました。

成功した時にはお客さんから盛大な拍手が送られ、最後は動物全員で挨拶をして終えていました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木下大サーカスは12月8日までやっているみたいなのでみなさんも是非行ってみてくださいね(^^)♪ 

さあらぐみ 保育士

                                                                

カテゴリー: 保育所のこだわり
2019年11月25日 月曜日

どんぐり組では、11月に入って9ピースのパズルを出しました。

どの子も興味を持っていて、

「これ、どこなん?」

「わからん!」

と言いながら向きや場所を変えて遊んでいました。

保育者が「これはこっちかな」などと少しズラしてピタッと入ったのを見て、

「すごい!!はいった☆」と大喜びしていました。

 

そんなことを繰り返していくうちに、自分でできるようになった子もたくさんいます!

できたパズルを嬉しそうに「できたよ!!」と見せてくれるのですが、その顏がとても誇らしげで、見ていてこちらも嬉しくなるほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんぐり組担任

カテゴリー: 保育所のこだわり