保育所のこだわり
2020年7月13日 月曜日

(更新が遅くなってしまいました…)

 

6月も半ばを過ぎ、蒸し暑い日が続いています。

子どもたちは屋外でも水分補給をしながら、自分の好きなあそびを見付け元気に遊んでいます。

新型コロナウィルスと共に迎える今年の夏……感染対策と熱中症対策をしながら、子どもたちが保育所で、過ごす時間を出来るだけ豊かなものにしていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年7月10日 金曜日

先日、梅ジュースを作るのに幼児クラスの子達がランチルームに来ていました。

ランチルームにつづくドアをあけると、調理中の匂いがランチルームに行ったようで

「いい匂い~」「なんの匂い?」「今日の給食なんだろう?」等々の声が聞こえてきます。

 

みんな興味があったようなので、梅ジュースを作って終わったら見学においでね!と

お誘いしてみました。

食材を大鍋で炒めているところにちょうど

来てくれました。

みんな大きな鍋に興味津々!

たまねぎ、人参、お肉、が入っていました。

「いい匂い」「おおきいね」「おいしそう」

など感想を言ってくれました。

 

この日はみんなが大好き「カレーライス」‼(保育所のカレーは市販のルーは使いません)

これまた大好きな「ヨーグルトサラダ」が一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

この調理している奥では、果物を剥いていました。

そっちにも目がいったのか、「やった!ヨーグルトサラダや!!」と

感のいい子は気が付いていました。

 

子どもたちが食事に興味をもってくれるのが一番うれしい調理室です。

興味がある=食育にもつながります。

お家で、お手伝いからでも一緒にお料理を楽しんでくださいね!!

 

 

調理室

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年6月23日 火曜日

6月9日の幼児クラスのおやつは「わらび餅」でした。

乳児クラスはわらび餅は食べにくいので、「あられ」と「バナナ」でした。

 

幼児の「わらび餅」を紹介します。

 

わらび粉を水に溶かしてから火を入れていきます。

 

 

 

だんだんと透明になってきました。

ここまでくるとものすごい弾力で

焦げ付かないようにひたすらまぜます。

全体が透明になったら完成!

冷たい水に取り出します。

 

 

よく冷えたわらび餅を包丁で一口サイズに切って

きび砂糖ときな粉をまぜたのにからめていきます。

みんな大好きなきな粉!

お皿に残ったきな粉をスプーンで最後まできれいに

食べている姿がちらほら。

お皿を直接舐めそうな勢いでした。

 

年少さんもランチルームになれてきたようです。

時々飲み物を忘れることがありますが・・・。

声をかけるとすぐに取りにきてくれます。

 

好き嫌いもちゃんと言えるようになりました。

無理強いせずに食べれるだけ食べてもらっています。

 

 

いっぱい食べておおきくな~れ!!

 

 

調理室

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年6月9日 火曜日

 

新年度のスタートから2ヶ月が経ちました。

今年は新型コロナウィルスの影響で例年とは違ったスタートでした。いつも当たり前だと思っていた『何気ない日常』が改めて大切なことと感じています。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

お天気が良い日は、こもれびの庭で遊んでいます。コンビカーに乗ったり、おててやスコップ・スプーンでお砂をすくっては容器に入れたり……。

思い思いに遊ぶ子どもたちです(^-^)

 

 

 

気温・湿度が上がり汗ばむ季節になってきました。感染予防と並行して、こまめに水分補給する等、体調管理に十分気を付けて過ごしたいと思います。

 

 

その他職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年6月2日 火曜日

登園自粛期間、少ない人数での保育でしたが、6月1日からはいつものように子どもたちがたくさん登所し、いつもの日常となりました。
子どもたちも久しぶりに会う友だちと、「○○ちゃん!」と会えて嬉しそうです。
久しぶりに見る子どもたちは、気が付くと背が伸びていたり、少しふっくらしてしたり。
そして、「せんせい、こっちおいで」と4月はまだ少ししか話せていなかった子が、たくさんおしゃべりできるようになっていたりと、1か月会わないだけで大きくなっていました。

久しぶりの保育所でも以前と変わらず元気いっぱい遊んでいます。
まだコロナウイルスは完全に収束はしていないので、油断はできないですが、感染症予防をしながら子どもたちを引き続きたくさん遊んでいきたいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳児クラス担当

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年5月27日 水曜日

コロナウイルスの影響で普段何気なくしていたことも制限され、

いつもと違う日常に何となく疲れてしまう日々ですね。

そんな中でも小さな喜びや発見を見つけながら、毎日を心豊かに過ごしたいと思う今日この頃です。

暑さも増し、汗をたくさんかきながらも、水分をこまめに摂りながら外での時間を満喫している子どもたち。
小さな生き物を見つけては、「こっちきて!」「何かおる!」と興味津々。
この日も黒っぽい小さな虫を見つけ、思わずバイクを止めるA君。

その様子を見たBちゃんもやって来て二人で“なんだろう”としばらく見つめていました。
何の虫かは分からなかったのですが、「虫がいる!虫だ!」と嬉しそうなA君。

虫が動く度に、少し後ずさりしながらも目が離せないBちゃんでした。

いつの間にか数人に囲まれた虫。バイクや足で踏まれないか心配でしたが、

虫が動く度に子どもたちも動き、虫もやっとの思いで隣の畑へ。

その様子を最後まで見守り、「虫さん、またね。」と手を振る子。

「ママとパパの所に帰ったんやね。」という子。

これからの季節たくさんの虫のお客さんが訪れます。子どもたちの可愛い会話と共に、一緒に触れあっていきたいですね。

 

くるみ組職員

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年4月23日 木曜日

保育所の門を入って上を見ると、
歴代のツバメの巣を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

何年も前の巣が残っているので、
驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年は、

 

 

ここの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに決めたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメはあえて人間が近くにいるところに、巣を作る習性があります。
それは、ヘビやその他の天敵が近づいてこないようにするためです。

 

 

 

今年はコロナウイルスの影響で、普段の保育所とは違う様子ですが、
ツバメの新しい巣を見つけて、春の訪れを感じました。

これからツバメたちを温かく見守っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他職員

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年4月15日 水曜日

新年度が始まって一週間がたちました。

継続児は、部屋が変わり少し不安そうにしている子もいれば、持ち上がりの保育者がいることで安心して過ごす事ができている子もいます。

新入所児は、まだまだ慣らし保育が始まったばかりで、お母さんと離れる時に泣いてしまったり、遊べずに泣いて過ごしている子もいます。なるべくお子さんの負担にならないように・・・無理のないように様子を見ながら慣らし保育を進めていきたいと思っています。

お子さんも新しい環境で不安だと思います・・・

保育者も新しい部屋、新しい玩具、新しい日課にまだまだ慣れておらず、日々バタバタと過ごしているような状況です。

早くこの環境に慣れ、ゆっくりと過ごせるようにしていきたいと思っています。

 

乳児クラス保育者

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年4月14日 火曜日

 

 

 

 

 

 

 

今日のおやつは「くだもの盛り合わせ」でした。彩り綺麗な果物でした。

 

 

 

 

 

 

 

上手に手を洗って、手を消毒して、おやつのお皿を持って机にいきます。

その次に飲み物を取ってきます。

みんなまだなれていないですが、ゆっくりなれてくれればと思っています。

 

給食のほうも上手に食べれています。

配膳の時うまく伝えられなくて最後に残す子もいます。

これもゆっくりと自分が食べられる量を伝えられるようにしていけたらと

思っています。

 

いっぱい食べておおきくな~れ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり
2020年4月13日 月曜日

4月になり、新しいクラスになった子どもたち。
初めは「ここ ちがう」と言って戸惑って泣いてしまう子もいましたが、昨年度同じクラスだった保育者を見つけると、安心したのか涙も止まり、遊んでいました。
目新しい玩具もあり、知っている玩具もあり、それぞれ好きな玩具に手をのばして楽しんでいます。

 

 

 

ちょっと初めは難しかったけれど、出来るようになってきました。

やりだすと楽しくてずっとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのお世話は前のクラスからしてあげています。
ミルクも飲ませてあげます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてかわいいスマイル💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの発達にあった玩具をずっと同じものではなく、その都度変えながら提供しています。
今年度一緒にたくさん遊んでいきたいです。

乳児クラス担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 保育所のこだわり